ハイヤードライバーは拘束時間が長い仕事です

subpage1

ハイヤードライバーの仕事は企業の役員を乗車させることが主な仕事です。特定の役員の送迎をする専属車の場合は、朝は自宅から会社へ送り、日中は予定のあるところを送迎し、夜は会食などの後に自宅へ送ります。
朝から夜まで拘束時間が長い仕事になります。
睡眠時間が短くなることもあるため、日中の空いた時間に適宜仮眠をとることが大事です。朝から夜までお客様と同じ車内で一緒なため、とても親密な関係になることもあります。

ハイヤーのドライバーに関連した情報が掲載されています。

一回きりの注文の仕事のことをスポットと呼びますが、料亭などの会食先やホテルへのお迎え、駅や空港への送迎、冠婚葬祭での利用など様々な用途があります。


専属の仕事とは違い初めてお会いするお客様であることが多いので、行き先やルートの確認をしっかりしないといけません。また走り方にも好みがあるためより安全に注意深く運転します。



専属やスポットの仕事をハイヤードライバーは会社の配車係の担当から受け取って仕事をします。



タクシーは出庫をしてから自分でお客さんを見つけに行きますが、ハイヤードライバーは会社に管理された存在ということになります。
会社から仕事をもらう立場である以上、会社との関係性を良好にしておく必要があります。


事故やクレームが多い場合、仕事を干されてしまうこともあります。
同僚のドライバーとの関係にも気を配ることが大切です。

拘束時間が長いため運転手控室などで同僚とともに過ごす時間も長くなります。

様々なことを教えてもらったり良好な関係を築くことがこの仕事を長く続けるコツです。

ハイヤーの乗務員の最新考察

subpage2

ハイヤーのドライバーは他の運転手に比べて様々な面で優れていると言われています。その中でも最も注目されるのは運転中の接客態度です。...

next

ハイヤーの乗務員の身に付けたい知識

subpage3

ハイヤーはレクサスやクラウンなどの高級車を用いた貸切り旅客自動車です。タクシーと違い時間制運賃を採用しており、走った距離ではなく利用した時間(走行している時間だけでなく待機時間も含む)に対して料金が発生する仕組みになっています。...

next

ハイヤーの乗務員入門

subpage4

ハイヤーはレクサスやクラウンなどの黒塗りの高級車を用いる貸切りの旅客自動車で、お乗せするお客様も会社役員や政治家、海外VIPなどのエグゼグティブ層が中心であり、ドライバーは細かいところにまで気を配った対応と丁寧な運転が求められます。ハイヤーの車内はお客様のための空間であるので、ドライバーが話しかけたりラジオをつけていたりしてはいけません。...

next

いまどきのハイヤーの乗務員

subpage5

ハイヤードライバーの仕事につくためには普通自動車二種免許が必要です。これはタクシーで営業するのと同じ免許です。...

next