映像編集のアルバイト求人に高卒が応募する長所と短所

映像編集のアルバイト求人に高卒が応募すると、仕事を教えてもらえる、時給が良い、業界の噂を聞けるなどの長所があります。

求人票や広告などに未経験歓迎と書いてある時は、高卒でもやとってもらえます。

映像編集の仕事を長年勤めてきた、ベテランから仕事を教わることになります。
照明を設置するやり方を教わったり、機材の持ち方なども学べます。

また、映像編集は技術と体力が必要な仕事なため、時給がかなり高いです。

頑張って働くほどお金になるため、頑張り続ける甲斐は十分あります。

運転免許証を所持している時は、機材を車に積んで、輸送する作業も任せてもらえます。

朝日新聞デジタルに関してわかりやすく説明しております。

輸送する際の燃料代は、上司にあたる人に報告すれば立て替えてもらえるので大丈夫です。
あと、休憩時間になったらジュースとお弁当が支給されるので、一緒に働く人に食べながら話を聞いてみましょう。勤続年数が長い人ほど業界のことに詳しいため、意外な話を聞ける可能性が高いです。


短所は求人に応募しようとするとすぐに名前が消える、肉体労働が多いなどです。



映像編集の仕事は時給が高いことから、応募する人が多いので注意です。



名前が消えてしまった場合は、ネットの求人サイトのほうに名前が出ていることもあるので、そちらのほうを確認するといいです。
また、肉体労働が多いのは確かですが、高卒なので体力的に非力なのも疲れやすい理由です。

毎日頑張って仕事をしていれば、自然と筋力がついてくるので疲れにくくなります。