ハイヤードライバーはプロです

subpage01

ハイヤードライバーの仕事につくためには普通自動車二種免許が必要です。

これはタクシーで営業するのと同じ免許です。


緑ナンバーの車両を使用し、世間一般的にプロドライバーとして認められるものです。

あなたが求めるハイヤーのドライバー情報ならこちらをご利用ください。

二種免許はお客さんを乗せて運転するための技術とマナーなどについて試験をします。多くのハイヤー会社では、教習所での二種免許の費用を肩替わりしてくれる養成制度を採用しています。試験に受かるためのノウハウもあり個人で受けるよりも受かりやすくなるでしょう。



ハイヤーのメインの仕事は企業の重役や政治家などステイタスの高い方をご乗車させることです。ドライバーにとっては責任の高い仕事です。



車内でのお客様同士の会話は他の人間に話したりしてはいけません。これは守秘義務違反となり、悪質な場合懲戒案件ともなる重大事です。

車内でお客様が自由に何不自由なく過ごしてもらうために気を配らなければなりません。
車内の空調温度、目的地までのルート、走行中の振動にいたるまで細心の注意を払います。

お客様が降車されるときは後ろに回り込んでドアサービスをします。
目的地の正面に停められるようにルートを事前に確認しておき、降車されるところに水溜まりやガードレールなど邪魔になるようなところには停めずに、すんなり降りられるところに車を停めます。

事故をしてしまうのはお客様との信頼を最も損ねてしまうことです。


お客様から時間のことで焦らされても、安全を第一にハンドルを握らないといけません。