ハイヤードライバーは不規則な仕事

subpage01

ハイヤーはレクサスやクラウンなどの高級車を用いた貸切り旅客自動車です。

ハイヤーのドライバーの最新情報を見つけよう。

タクシーと違い時間制運賃を採用しており、走った距離ではなく利用した時間(走行している時間だけでなく待機時間も含む)に対して料金が発生する仕組みになっています。


ドライバーはお客様をお乗せしている車内空間もサービスの一部であると認識し、移動中お客様に心地よく過ごしてもらえるよう気を配らなければなりません。

車内でお客様と会話をするのは、交通状況や連絡事項など最低限にし、好き勝手にしゃべってはいけません。



もしかしたらお客様はゆっくり寝たいのかもしれませんし、仕事をしたいのかもしれないのですから、その時間を奪ってしまうのは失礼にあたります。ハイヤードライバーの仕事は朝早くから夜遅くまで不規則になりがちです。決まったお客様に毎日対応するチャーターの仕事では、朝自宅に迎えにいってから夜自宅に送るまで対応します。


毎日ハイヤーの営業所から出庫あるいは帰庫するため、ドライバーの労働時間はお客様に対応している時間より長くなります。
またお客様がゴルフ接待や出張で新幹線や空港に送ることがあり、土日にも使われるときはそれにも対応しないといけません。

睡眠時間が3〜4時間で週に一回休みがあるかないかのような状況もあり得ます。

ハイヤードライバーは不規則な仕事ですので、長く続けるためにはどれだけ生活スタイルを乱さないようにするかが大切です。
食事に気をつけることと運動をしっかりすることです。


体を使わず座りっぱなしで一日を過ごすことが多くなるので、エネルギーの摂取はほどほどに、体を動かす習慣をつけることが大切です。